牛王姫(読み)ごおうのひめ

世界大百科事典 第2版の解説

ごおうのひめ【牛王姫】

浄瑠璃曲名。6段。1673年(延宝1)刊の八文字屋板が現存。慶長年間(1596‐1615)には演じられていたことが推定されている。鎌田政清の牛王姫は,伯母尼公の裏切りによって平家方にとらえられ拷問を受け,牛若丸の行方を追及されるが,白状をせずをくい切って自ら果てる。幸若舞曲《鎌田》,御伽草子浄瑠璃物語》にも政清の妹が登場するところから,これらの間には伝承上,何らかの関係があったのではないかとされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android