コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛王姫 ごおうのひめ

1件 の用語解説(牛王姫の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ごおうのひめ【牛王姫】

古浄瑠璃の曲名。6段。1673年(延宝1)刊の八文字屋板が現存。慶長年間(1596‐1615)には演じられていたことが推定されている。鎌田政清の妹牛王姫は,伯母の尼公の裏切りによって平家方にとらえられ拷問を受け,牛若丸の行方を追及されるが,白状をせず舌をくい切って自ら果てる。幸若舞曲《鎌田》,御伽草子浄瑠璃物語》にも政清の妹が登場するところから,これらの間には伝承上,何らかの関係があったのではないかとされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

牛王姫の関連キーワードヴィルマンカロン道具屋節野呂松遣い延宝三藩の乱生白庵行風コメ生産枠の県間調整隠元埋木

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone