コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牟田口元学 むたぐち げんがく

2件 の用語解説(牟田口元学の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牟田口元学 むたぐち-げんがく

1845*-1920 明治-大正時代の官僚,実業家。
弘化(こうか)元年12月26日生まれ。農商務省山林局長をつとめ,「明治十四年の政変」で大隈重信とともに辞職。立憲改進党の結成にくわわった。のち東京鉄道社長など,実業界で活躍。大正5年貴族院議員。大正9年1月13日死去。77歳。肥前佐賀出身。号は鷹村。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

牟田口元学

没年:大正9.1.13(1920)
生年:弘化1.12.26(1845.2.2)
明治時代の鉄道経営者。佐賀藩士牟田口利左衛門の長男。戊辰戦争で官軍に従事,明治維新後工部省,文部省,農商務省などに出仕するが,大隈重信の明治14(1881)年の政変に伴って下野する。その後,東京馬車鉄道会社の社長となる。同社は33年に電化して東京電車鉄道と改称,39年には東京電気鉄道,東京市街鉄道と合併して東京鉄道となるが,44年に市営化されるまでその経営に敏腕を振るい,創業期の都市交通の近代化に貢献。播但鉄道,小倉鉄道などの私鉄だけではなく,大正瓦斯や日清生命の経営にも参画した。<参考文献>鉄道省編『日本鉄道史』中・下

(老川慶喜)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

牟田口元学の関連キーワード朝倉尚武石井忠恭田口利八西義質久間有隣福地常彰牟田万次郎山田平蔵山中一郎横尾純喬

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone