コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小牛/子牛/仔牛/犢 コウシ

デジタル大辞泉の解説

こ‐うし【小牛/子牛/×仔牛/×犢】

《古くは「こうじ」とも》小さい牛。また、牛の子。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうじ【小牛】

能面作家。生没年不詳。世阿弥の《申楽談儀》などから,室町時代(14世紀末ころ)に越前国で活躍した能面作家の一人と考えられる。近世の能楽伝書類では〈十作〉の一人にかぞえ,越智(えち)と同じころの奈良の人と伝えている。尉面を得意としたようで,その一種である小(牛)尉は彼の創作といわれているが,明確ではない。【田辺 三郎助】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

小牛/子牛/仔牛/犢の関連キーワード奥の細道湯けむりライン美里(町)(宮城県)南郷(宮城県の地名)宮城県遠田郡美里町ボックス(皮革)美里町近代文学館月形 龍之介小牛田[町]美里[町]南郷[町]渡辺 頴二二反長半法の解釈スエード陸羽東線三塚 博山前遺跡宇野御厨渡辺頴二追物射

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android