コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小牛/子牛/仔牛/犢 コウシ

デジタル大辞泉の解説

こ‐うし【小牛/子牛/×仔牛/×犢】

《古くは「こうじ」とも》小さい牛。また、牛の子。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうじ【小牛】

能面作家。生没年不詳。世阿弥の《申楽談儀》などから,室町時代(14世紀末ころ)に越前国で活躍した能面作家の一人と考えられる。近世の能楽伝書類では〈十作〉の一人にかぞえ,越智(えち)と同じころの奈良の人と伝えている。尉面を得意としたようで,その一種である小(牛)尉は彼の創作といわれているが,明確ではない。【田辺 三郎助】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone