コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小牛/子牛/仔牛/犢 コウシ

世界大百科事典 第2版の解説

こうじ【小牛】

能面作家。生没年不詳。世阿弥の《申楽談儀》などから,室町時代(14世紀末ころ)に越前国で活躍した能面作家の一人と考えられる。近世の能楽伝書類では〈十作〉の一人にかぞえ,越智(えち)と同じころの奈良の人と伝えている。尉面を得意としたようで,その一種である小(牛)尉は彼の創作といわれているが,明確ではない。【田辺 三郎助】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

小牛/子牛/仔牛/犢の関連キーワード奥の細道湯けむりライン美里(町)(宮城県)南郷(宮城県の地名)宮城県遠田郡美里町ボックス(皮革)美里町近代文学館月形 龍之介小牛田[町]美里[町]南郷[町]渡辺 頴二二反長半法の解釈スエード陸羽東線三塚 博山前遺跡宇野御厨渡辺頴二追物射

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android