コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧ノ戸峠 まきノととうげ

2件 の用語解説(牧ノ戸峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牧ノ戸峠
まきノととうげ

大分,熊本の県境に近い九重火山群の星生 (ほっしょう) 山と黒岩山との間にある峠。標高 1330m。九重町に属する。飯田高原から阿蘇山にいたる九州横断道路 (やまなみハイウェー) の最高地点にある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牧ノ戸峠
まきのととうげ

大分県西部、玖珠(くす)郡九重(ここのえ)町南部にある峠。九重(くじゅう)火山群の沓掛(くつかけ)山と黒岩(くろいわ)山の鞍部(あんぶ)で、飯田(はんだ)高原と瀬ノ本(せのもと)高原を分け、標高約1330メートル、九州横断道路(別府阿蘇道路)の最高所。ここから久住(くじゅう)山頂へ徒歩110分、筋湯(すじゆ)温泉へ徒歩70分。展望園地、レストハウスがある。冬は霧氷が美しい。飯田高原側に下った所に牧ノ戸温泉がある。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

牧ノ戸峠の関連キーワード九重山火山群二重火山九重森林公園スキー場久住[町]くじゅう連山大分県玖珠郡九重町後野上大分県玖珠郡九重町田野大分県玖珠郡九重町松木涌蓋山

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

牧ノ戸峠の関連情報