九重町(読み)ここのえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九重〔町〕
ここのえ

大分県西部,玖珠盆地の南部から飯田 (はんだ) 高原に位置する町。 1955年野上町と飯田,東飯田,南山田の3村が合体して発足。玖珠川流域の米作と飯田高原から続く広い原野でのウシの飼育が主産業。高冷地野菜,シイタケの栽培も行われる。南部は阿蘇くじゅう国立公園の九重地区に属する九重火山麓の温泉地帯で,コケモモ群落 (天然記念物) がみられる。九州横断道路 (やまなみハイウェー) が通り,星生 (ほっしょう) ,牧ノ戸,寒ノ地獄などの温泉がある。また北西部には宝泉寺,壁湯,川底などの温泉,竜門の滝があり,耶馬日田英彦山国定公園の一部。 JR久大本線,国道 210号線,387号線が通り,大分自動車道のインターチェンジがある。面積 271.37km2(境界未定)。人口 9645(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

九重町の関連情報