コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沓掛 くつかけ

9件 の用語解説(沓掛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沓掛
くつかけ

長野県東部,浅間山の南麓,軽井沢町にある旧宿場町。東方に碓氷峠を控え,軽井沢,追分とともに中山道浅間三宿として知られた。信越本線の開通により宿場町としては寂れたが,大正中期から周辺に別荘地が開発されたため,現在は中軽井沢と呼ばれて,旧軽井沢に次ぐ商店街となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くつかけ【沓掛】

長野県東部、軽井沢町中軽井沢の旧称。もと中山道の宿駅。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

沓掛【くつかけ】

日本各地の宿駅に残る地名。旅人が草鞋(わらじ)や馬の沓をささげて神に旅の平穏を祈ったことに由来するといわれる。特に中山道の浅間三宿のうちの沓掛宿(長野県軽井沢町)が有名で,現在はしなの鉄道中軽井沢駅があり別荘地,観光地になっている。
→関連項目追分軽井沢[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くつかけ【沓掛】

信濃国佐久郡,中山道の宿駅。現在の長野県北佐久郡軽井沢町中軽井沢。古代は長倉郷に属し,地域内の長倉神社は《延喜式》のそれと関係があるという。近世では中山道の軽井沢と追分の中間の宿駅。北に上州の草津や大笹へ向かう街道が分かれ,大笹からは北信濃の仁礼(にれい),須坂,飯山方面にも通じたので,その地方の物は大笹から沓掛に出ることが多かった。また追分宿との中間の借宿(かりやど)からは,鳥居原を経て入山峠にかかる道や和美峠から下仁田に行く姫街道があって,物資輸送上では重要地点であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くつかけ【沓掛】

長野県軽井沢町中軽井沢の旧名。もと、中山道の宿駅。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕沓掛(くつかけ)


長野県軽井沢(かるいざわ)町の中軽井沢地区の旧称。江戸時代は中山(なかせん)道の宿場町として栄え、軽井沢宿・追分(おいわけ)宿とともに浅間(あさま)3宿とよばれた。大正期から星野(ほしの)温泉・塩壷(しおつぼ)温泉の玄関口として発展。第二次大戦後は千ヶ滝(せんがたき)別荘地の開発が進み、1956年(昭和31)に国鉄(現JR)の駅名が中軽井沢駅に改称され、1960年に字名も中軽井沢となった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沓掛
くつかけ

長野県北佐久郡軽井沢町中央部の地区。近世軽井沢、信濃追分(しなのおいわけ)とともに浅間(あさま)三宿の一つとして栄えた。現在は中軽井沢とよばれる。近くに星野温泉や千ヶ滝別荘地、北原白秋のカラマツの詩碑などもあり、浅間火山北麓(ほくろく)へ通ずる国道146号も18号からここで分かれる。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の沓掛の言及

【履物】より

… この世と異界(聖域も含めて)の違いは,履物とはだしの対立関係であらわすこともできるように思われる。山伏には〈山入り〉の際に麓で新しい草鞋にはきかえ,山での草鞋は杖にかけて大事に持ち帰る風習があり,峠などに多い沓掛(くつかけ)という地名は,俗界と聖界の境と考えられる所になっている場合がある。これらは,履物をかえることで異なった空間であることをあらわしているのだが,湯殿山の奥の院などははだしで参ることになっている。…

※「沓掛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

沓掛の関連キーワード信濃軽井沢長野県南佐久郡佐久穂町大日向長野県南佐久郡佐久穂町海瀬長野県南佐久郡佐久穂町上長野県南佐久郡佐久穂町畑長野県南佐久郡佐久穂町平林長野県南佐久郡佐久穂町穂積長野県南佐久郡佐久穂町八郡長野県南佐久郡佐久穂町余地

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沓掛の関連情報