コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧氏 まきうじ

世界大百科事典 第2版の解説

まきうじ【牧氏】

中・近世の武家。尾張・三河・駿河・伊豆・上野をはじめ山陰・山陽・九州各地に存在するが,史上とくに有名なのは尾張と駿河の牧氏である。(1)尾張の牧氏は清和源氏斯波(しば)氏の支族で,斯波義統の子孫が牧氏を称したといわれる。(2)駿河の牧氏は駿河郡大岡牧(現,静岡県沼津市大岡)出身の中世武家。初め大岡姓を名のる。平安末期大岡宗親が平頼盛に仕えて大岡牧を支配した。頼盛は平家一族の中で源氏と親しい関係にあり,その因縁からか宗親は鎌倉御家人となり,宗親の娘(一説に姉妹)が北条時政の後妻に迎えられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

牧氏の関連情報