コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野克次 まきの かつじ

1件 の用語解説(牧野克次の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野克次 まきの-かつじ

1864-1942 明治-昭和時代前期の洋画家。
元治(げんじ)元年生まれ。守住貫魚(つらな)に日本画を,守住勇魚(いさな)に洋画をまなぶ。明治21年上京し,小山正太郎の不同舎にまなぶ。34年関西美術会の創立に参加。35年京都高等工芸助教授。39年から大正2年まで霜鳥之彦(しもとり-ゆきひこ)とアメリカに留学。水彩画を得意とした。昭和17年死去。79歳。大坂出身。作品に「落葉」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

牧野克次の関連キーワード元治アフリカ文学軍艦小事典ペドロ[2世]ロダン池田屋惣兵衛入江九一扇格左衛門大浦教之助清岡道之助

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone