牧野克次(読み)まきの かつじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野克次 まきの-かつじ

1864-1942 明治-昭和時代前期の洋画家。
元治(げんじ)元年生まれ。守住貫魚(つらな)に日本画を,守住勇魚(いさな)に洋画をまなぶ。明治21年上京し,小山正太郎の不同舎にまなぶ。34年関西美術会の創立に参加。35年京都高等工芸助教授。39年から大正2年まで霜鳥之彦(しもとり-ゆきひこ)とアメリカに留学。水彩画を得意とした。昭和17年死去。79歳。大坂出身。作品に「落葉」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android