牧野忠恭(読み)まきのただゆき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牧野忠恭
まきのただゆき

幕末の越後長岡藩主。7万 7000石。号は雪堂。松平乗寛の3男。安政5 (1858) 年8月養父忠雅が死に 10月襲封,文久2 (62) 年京都所司代,次いで老中をつとめ,慶応3 (67) 年7月隠居。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野忠恭 まきの-ただゆき

1824-1878 幕末の大名。
文政7年9月1日生まれ。三河(愛知県)西尾藩主松平乗寛(のりひろ)の3男。牧野忠雅(ただまさ)の養子となり,安政5年越後(えちご)(新潟県)長岡藩主牧野家11代。奏者番,寺社奉行をへて,文久2年京都所司代。3年老中となり外交事務を担当した。明治11年9月1日死去。55歳。通称は壮之助。号は雪堂。備前守(びぜんのかみ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android