コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野忠恭 まきのただゆき

2件 の用語解説(牧野忠恭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牧野忠恭
まきのただゆき

幕末の越後長岡藩主。7万 7000石。号は雪堂。松平乗寛の3男。安政5 (1858) 年8月養父忠雅が死に 10月襲封,文久2 (62) 年京都所司代,次いで老中をつとめ,慶応3 (67) 年7月隠居。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野忠恭 まきの-ただゆき

1824-1878 幕末の大名。
文政7年9月1日生まれ。三河(愛知県)西尾藩主松平乗寛(のりひろ)の3男。牧野忠雅(ただまさ)の養子となり,安政5年越後(えちご)(新潟県)長岡藩主牧野家11代。奏者番,寺社奉行をへて,文久2年京都所司代。3年老中となり外交事務を担当した。明治11年9月1日死去。55歳。通称は壮之助。号は雪堂。備前守(びぜんのかみ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

牧野忠恭の関連キーワード池田政共井上正兼織田長易木下俊方九鬼精隆黒田直和酒井忠崇杉山弥一郎松平康圭水野忠武

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone