コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野忠恭 まきのただゆき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牧野忠恭
まきのただゆき

幕末の越後長岡藩主。7万 7000石。号は雪堂。松平乗寛の3男。安政5 (1858) 年8月養父忠雅が死に 10月襲封,文久2 (62) 年京都所司代,次いで老中をつとめ,慶応3 (67) 年7月隠居。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野忠恭 まきの-ただゆき

1824-1878 幕末の大名。
文政7年9月1日生まれ。三河(愛知県)西尾藩主松平乗寛(のりひろ)の3男。牧野忠雅(ただまさ)の養子となり,安政5年越後(えちご)(新潟県)長岡藩主牧野家11代。奏者番,寺社奉行をへて,文久2年京都所司代。3年老中となり外交事務を担当した。明治11年9月1日死去。55歳。通称は壮之助。号は雪堂。備前守(びぜんのかみ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

牧野忠恭の関連キーワード酒井忠績牧野忠訓牧野忠篤牧野忠毅

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android