コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物価スライド ブッカスライド

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

物価スライド
ぶっかすらいど

物価の変動に応じて年金支給額などを改定すること。1973年(昭和48)から導入された。公的年金の支給額は、物価・賃金の変動に応じて年度ごとに改定し、負担と支給の均衡を保つよう設計されている。物価については全国消費者物価指数、賃金については過去3年間の変動率を用いて計算する。ただし、デフレで物価が下落していた時期に年金額を据え置く特例措置を取ったため、2012年度(平成24)時点で本来の水準より2.5%高い特例水準で支払われていた。そこで2013年度に1.0%、2014年度に1.0%、2015年度に0.5%引き下げて段階的に解消することが決められた。2014年4月からの年金支給改定率マイナス0.7%は、物価スライド分の「プラス0.3%」と、特例水準を解消するための「マイナス1.0%」をあわせた数値である。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

物価スライドの関連キーワード年金制度[スウェーデン]年金改正(2000年)年金制度[イギリス]81年経済再建税法マクロ経済スライド資源ナショナリズムインデクセーションエスカレータ条項スカラ・モビレ年金スライド制厚生年金保険老齢基礎年金日本資本主義厚生年金基金国民年金基金ポーランド鴻池 藤一ストライキCOLAクラクシ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android