物価スライド(読み)ブッカスライド

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

物価スライド
ぶっかすらいど

物価の変動に応じて年金支給額などを改定すること。1973年(昭和48)から導入された。公的年金の支給額は、物価・賃金の変動に応じて年度ごとに改定し、負担と支給の均衡を保つよう設計されている。物価については全国消費者物価指数、賃金については過去3年間の変動率を用いて計算する。ただし、デフレで物価が下落していた時期に年金額を据え置く特例措置を取ったため、2012年度(平成24)時点で本来の水準より2.5%高い特例水準で支払われていた。そこで2013年度に1.0%、2014年度に1.0%、2015年度に0.5%引き下げて段階的に解消することが決められた。2014年4月からの年金支給改定率マイナス0.7%は、物価スライド分の「プラス0.3%」と、特例水準を解消するための「マイナス1.0%」をあわせた数値である。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶっか‐スライド【物価スライド】

〘名〙 (スライドはslide) 年金などで、実質的な価値を維持するため、前年の消費者物価指数の変動に応じ翌年度の金額が改定される制度をさす。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android