コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特定通常兵器 トクテイツウジョウヘイキ

1件 の用語解説(特定通常兵器の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とくてい‐つうじょうへいき〔‐ツウジヤウヘイキ〕【特定通常兵器】

1980年に国連会議で採択された特定通常兵器使用禁止制限条約(CCW)で規制対象とされる通常兵器。核・生物・化学兵器などの大量破壊兵器以外の兵器で、地雷・レーザー兵器焼夷兵器など過剰な障害や無差別効果を生じさせるもの。戦車・戦闘機・軍用艦艇・大口径火砲システムなど7種類は国連武器登録制度により加盟国に登録義務がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

特定通常兵器の関連キーワードベオグラード宣言死刑廃止条約国連人間居住計画国連地球生きもの会議生物多様性条約締約国会議NIEO高齢者のための国連原則国連子どもの権利条約法定通常実施権新ヨーロッパスポーツ憲章

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

特定通常兵器の関連情報