コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特定通常兵器 トクテイツウジョウヘイキ

デジタル大辞泉の解説

とくてい‐つうじょうへいき〔‐ツウジヤウヘイキ〕【特定通常兵器】

1980年に国連会議で採択された特定通常兵器使用禁止制限条約CCW)で規制対象とされる通常兵器。核・生物・化学兵器などの大量破壊兵器以外の兵器で、地雷レーザー兵器焼夷兵器など過剰な障害や無差別効果を生じさせるもの。戦車戦闘機・軍用艦艇・大口径火砲システムなど7種類は国連武器登録制度により加盟国に登録義務がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

特定通常兵器の関連キーワードクラスター爆弾禁止条約制定運動クラスター爆弾規制条約制定運動クラスター弾に関する条約クラスター爆弾禁止条約クラスター爆弾規制条約対人地雷全面禁止条約対人地雷禁止条約通常戦力の規制クラスター爆弾オスロプロセス小型兵器焼夷弾ERW

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

特定通常兵器の関連情報