コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特定重要港湾 トクテイジュウヨウコウワン

大辞林 第三版の解説

とくていじゅうようこうわん【特定重要港湾】

重要港湾のうち、外国貿易の増進に特に重要な役割を果たすものとして政令によって定められた港湾。室蘭・千葉・横浜・名古屋・四日市・清水・大阪・神戸・姫路・関門などの諸港。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の特定重要港湾の言及

【港湾】より

…港湾は交通,生産,地域経済および社会の諸活動と深くかかわり,それを発展させる大きな力を発揮するのである。
[港湾法]
 日本の港湾法(1950制定)は,国民経済から見たその重要性に従って,〈重要港湾〉と〈地方港湾〉とに分類し,重要港湾のうち外国貿易を増進させるうえでとくに重要な港湾を〈特定重要港湾〉と指定している。また,地方港湾のうち,避難のための停泊を主たる目的とする港を〈避難港〉と指定している。…

※「特定重要港湾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

特定重要港湾の関連情報