室蘭(読み)ムロラン

デジタル大辞泉の解説

むろらん【室蘭】

北海道南西部の市。胆振(いぶり)総合振興局所在地。内浦湾噴火湾)に突き出す絵鞆(えとも)岬と地球岬がある。石炭の積み出し港、製鉄の町として発展。重化学工業が盛ん。人口9.5万(2010)。
[補説]アイヌ語「モ‐ルエラニ」(小さい下り道の意)からといわれ、江戸時代運上屋があった坂の名という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むろらん【室蘭】

北海道南西部、太平洋に面する市。胆振いぶり支庁所在地。内浦湾に突出する絵鞆えとも半島に抱かれた良港の室蘭港をもつ。重化学工業が発達。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

むろらん【室蘭】

(アイヌ語「モルエラニ(小さな下り道の意)」からか)
[一] 北海道南西部の地名。内浦湾の湾口の北東岸にあり、天然の良港をもつ。江戸末期イギリス船の入港以後重視され、明治五年(一八七二)開港。石炭積出港となり、製鉄所の設置で発展。第二次世界大戦後はセメント・石油精製工場なども立地し、重化学工業都市となる。大正一一年(一九二二)市制。
[二] 北海道の南西部にあった郡。明治二年(一八六九)胆振(いぶり)国の一郡として成立。同三〇年室蘭支庁に編入。大正七年(一九一八)室蘭区(のち室蘭市)が成立して消滅。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

室蘭の関連情報