コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特権状 とっけんじょうcharter; Privilegium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

特権状
とっけんじょう
charter; Privilegium

ヨーロッパの中世から近代初期にかけて,皇帝国王諸侯教皇などの権力者が,聖俗の封建領主や都市に対して一定の特権を承認するために与えた文書。その対象は身分,団体,個人,領域などであり,またその内容は政治的,法的,経済的あるいは宗教的など,さまざまであるが,総じて特権の付与は前近代的,身分制的な社会構造を支えたものであり,経済的には「独占」の保障として機能した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

特権状の関連キーワード諸侯の利益のための協定オットー1世(大帝)フリードリヒ2世ヨハネス12世インムニテートヨーロッパ領邦国家古文書

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android