コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特殊鳥類 とくしゅちょうるい birds in danger of extinction

3件 の用語解説(特殊鳥類の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

特殊鳥類
とくしゅちょうるい
birds in danger of extinction

特殊鳥類の譲渡等の規制に関する法律」 (1972年制定) により指定された絶滅のおそれのある鳥類。現在,トキ,アホウドリヤンバルクイナなど 167種が指定されており,学術研究その他の特別な事由により環境大臣等が許可した場合を除き,譲渡および輸出入が規制されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とくしゅ‐ちょうるい〔‐テウルイ〕【特殊鳥類】

「特殊鳥類の譲渡等の規制に関する法律」で保護されていた鳥類。絶滅のおそれがあるヤンバルクイナノグチゲラなど。同法は「絶滅のおそれのある野生動植物種の保存に関する法律」の制定(平成5年施行)で失効。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

特殊鳥類
とくしゅちょうるい

「特殊鳥類の譲渡等の規制に関する法律」によって保護されていた鳥類をいう。この法律は、日米渡り鳥条約締結(1972年3月4日署名)を契機に整備され、同年6月1日に公布された日本の国内法で、絶滅のおそれのある鳥の保護のため、譲渡や輸出入などについて規制した。1986年当時、日本側からヤンバルクイナ、ノグチゲラなど35種および亜種、アメリカ合衆国側からカリフォルニアコンドル、アメリカハクトウワシなど65種および亜種、また日豪渡り鳥条約との関連でオーストラリア側からキジインコ、ヒメフクロウインコなど34種および亜種が、この法律でリストアップされ、一般に特殊鳥類の名でよばれた。この「特殊鳥類の譲渡等の規制に関する法律」は、1993年(平成5)施行の「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」に吸収されたため、以降「特殊鳥類」という言い方はあまりされなくなっている。[柳澤紀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

特殊鳥類の関連キーワード電気事業及び石炭鉱業における争議行為の方法の規制に関する法律TSCA風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律炉規法核原料物質,核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律建築物用地下水の採取の規制に関する法律工場排水等の規制に関する法律特殊鳥類の譲渡等の規制に関する法律ばい煙の排出の規制等に関する法律風俗営業等の規制及び業務の適正化に関する法律

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone