状態ベクトル(読み)じょうたいベクトル(英語表記)state vector

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

状態ベクトル
じょうたいベクトル
state vector

量子力学において,系の状態は抽象的な無限次元の複素ベクトル空間 (これをヒルベルト空間という) の1つのベクトルによって表現される。これを状態ベクトルと呼ぶ。物理量は状態ベクトルに作用する線形演算子である。系の時間的発展シュレーディンガー描像またはハイゼンベルク描像によって記述される。シュレーディンガー描像では,系の物理は時間的に変化せず,系の時間的発展は状態ベクトルの時間的変化で示される。これは波動力学立場である。一方,ハイゼンベルク描像では,系の状態ベクトルは時間的に変化せず,系の時間的発展は系の物理量の時間的変化で示される。これは行列力学の立場である。この2つの描像は,同一の内容を違った観点からみて記述するものであるから,もちろん同一の結果を与える。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

状態ベクトル

量子世界の状態を表すベクトル。状態の重ね合わせはベクトルので表現できる。観測によって、ある測定値が得られるとき、そのベクトルを固有ベクトル、値を固有値という。

(尾関章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報