コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

状態空間 じょうたいくうかん state space

1件 の用語解説(状態空間の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じょうたいくうかん【状態空間 state space】

たとえば,質点の運動で,現在の位置と速度と,今後加わる外力とがわかると,今後の運動は確定する。自動販売機で現在までの投入済金額と今後の硬貨投入や押しボタン操作がわかると,今後の動作は確定する。現在の位置と速度ないし投入済金額が過去のどういう経緯で到達されたものであるかは,今後のふるまいに影響を及ぼさない。このように,ある事物や現象の将来のふるまいを予測するために,いくつかの変数の現在値と将来外部から加えられる作用とを知れば足りるとき,いいかえるといくつかの変数の現在値が過去の履歴のうち,将来のふるまいに影響を及ぼす効果のすべてを集約して表現するものであるとき,それらの変数を状態変数state variableという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

状態空間の関連キーワード運動エネルギー角運動量質点質点力学世界線相対運動ニュートンの運動方程式コリオリ効果ニュートンの第二法則リエナール‐ウィーヘルトポテンシャル

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

状態空間の関連情報