コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩取 かりとり

1件 の用語解説(狩取の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かりとり【狩取】

川狩すなわち河川で魚をとる者のことで,平安時代に山城国淀津にあった内膳司の御贄(みにえ)所,供御(くご)所に所属して,淀川筋で漁労に従事し,朝廷に鮮魚を供御として貢進する役をつとめる身分の者を狩取といった。彼らは供御人としての身分的特権をもち,漁場を独占して高瀬舟で漁を行い,供御物の保管・運送を業とし,市津において漁獲物を一手に販売した。狩取の集団を直接に管轄する役人に,預または執行がおり,さらに四衛府の番長以下の官人が,交替に供御所に出向して,彼らの監督にあたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

狩取の関連キーワードライマン系列川明き啓閉狩漁仏母大川狩川狩川釣事教

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone