狩取(読み)かりとり

世界大百科事典 第2版の解説

かりとり【狩取】

川狩すなわち河川で魚をとる者のことで,平安時代に山城国淀津にあった内膳司の御贄(みにえ)所,供御(くご)所に所属して,淀川筋で漁労に従事し,朝廷に鮮魚を供御として貢進する役をつとめる身分の者を狩取といった。彼らは供御人としての身分的特権をもち,漁場を独占して高瀬舟で漁を行い,供御物の保管・運送を業とし,市津において漁獲物を一手に販売した。狩取の集団を直接に管轄する役人に,預または執行がおり,さらに四衛府の番長以下の官人が,交替に供御所に出向して,彼らの監督にあたった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android