(読み)カリ

デジタル大辞泉「狩」の解説

かり【狩/狩り】[書名・曲名]

(狩)俳句雑誌。昭和53年(1978)、鷹羽狩行主宰により創刊
(狩り)《原題、〈ドイツ〉Jagdモーツァルト弦楽四重奏曲第17番変ロ長調の通称。1784年作曲。「ハイドン四重奏曲」中の第4作。通称は狩りの角笛に似た音型があることに由来する。
(狩り)《原題、〈フランス〉La Chasseハイドン交響曲第73番ニ長調の通称。全4楽章。通称は、自作歌劇から狩りの場面を描写した序曲を、第4楽章に転用したことに由来する。

かり【狩(り)/猟】

山野で鳥獣を追いかけて捕らえること。りょう。狩猟。 冬》「弓張や―に出る子のかげぼふし/嘯山
(接尾語的に用い、「がり」と濁る)
㋐魚介類をとること。「潮干―」
㋑山野で植物を観賞・採集すること。「まつたけ―」「もみじ―」
㋒追いたてて捕らえること。「山―」「魔女―」
[補説]作品名別項。→かり

しゅ【狩】[漢字項目]

常用漢字] [音]シュ(呉) [訓]かる かり
鳥獣をかり立てて捕まえる。かり。「狩猟
[名のり]もり
[難読]狩座かりくら狩人かりゅうど

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android