コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩(り)/猟 カリ

デジタル大辞泉の解説

かり【狩(り)/猟】

山野で鳥獣を追いかけて捕らえること。猟(りょう)。狩猟。 冬》「弓張や―に出る子のかげぼふし/嘯山
(接尾語的に用い、「がり」と濁る)
㋐魚介類をとること。「潮干―」
㋑山野で植物を観賞・採集すること。「まつたけ―」「もみじ―」
㋒追いたてて捕らえること。「山―」「魔女―」
[補説]作品名別項。→かり

しゅ【狩】[漢字項目]

常用漢字] [音]シュ(呉) [訓]かる かり
鳥獣をかり立てて捕まえる。かり。「狩猟
[名のり]もり
[難読]狩座(かりくら)狩人(かりゅうど)

かり【狩/狩り】[書名・曲名]

(狩)俳句雑誌。昭和53年(1978)、鷹羽狩行の主宰により創刊。
(狩り)《原題、〈ドイツ〉Jagdモーツァルトの弦楽四重奏曲第17番変ロ長調の通称。1784年作曲。「ハイドン四重奏曲」中の第4作。通称は狩りの角笛に似た音型があることに由来する。
(狩り)《原題、〈フランス〉La Chasseハイドンの交響曲第73番ニ長調の通称。1782年作曲。通称は、自作の歌劇から狩りの場面を描写した前奏曲を、第4楽章に転用したことに由来する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

狩(り)/猟の関連キーワード鹿児島県鹿屋市田崎町京都貴船川殺人事件着襲狩り・競ひ狩りゴーカイシルバー河内母樹馬飼御狩うそ恥ずかしいどやくや紛れうそ恥づかし狩り場・狩場一端駆ける踏み起こすみとむない力士立ち羽が利く山の手奴貰ひ笑ひ邪見の角呼び越す一世一期腰抜け役

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android