コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野探信 かのう

美術人名辞典の解説

狩野探信

江戸後期の画家。狩野守邦の長男。名は守道、別号に興斎。狩野守邦の息。鍛冶橋狩野家第七代。二世探信守政と区別するため「守道探信」と呼ばれる。幕府絵師として法眼に叙せられ、名手として世に聞こえた。天保6年(1835)歿、51才。

狩野探信

江戸中期の画家。狩野探幽の長男。鍛冶橋狩野第二世。初名は仙千代、のち図書、別号に忠淵。幕府の絵師となり、法眼に叙せられる。享保3年(1718)歿、66才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone