コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独照性円 どくしょう しょうえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

独照性円 どくしょう-しょうえん

1617-1694 江戸時代前期の僧。
元和(げんな)3年3月3日生まれ。黄檗(おうばく)宗。沢庵宗彭(たくあん-そうほう),一糸文守(いっし-ぶんしゅ)に,のち隠元隆琦(いんげん-りゅうき)に師事。寛文11年隠元の法をつぎ,のち遺命により法衣を付与された。京都嵯峨(さが)の直指庵を中心に布教,「嵯峨の古仏」と称された。元禄(げんろく)7年7月17日死去。78歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。俗姓は富田。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

独照性円の関連キーワード黄檗月潭月潭道澄

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

独照性円の関連情報