コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独照性円 どくしょう しょうえん

1件 の用語解説(独照性円の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

独照性円 どくしょう-しょうえん

1617-1694 江戸時代前期の僧。
元和(げんな)3年3月3日生まれ。黄檗(おうばく)宗。沢庵宗彭(たくあん-そうほう),一糸文守(いっし-ぶんしゅ)に,のち隠元隆琦(いんげん-りゅうき)に師事。寛文11年隠元の法をつぎ,のち遺命により法衣を付与された。京都嵯峨(さが)の直指庵を中心に布教,「嵯峨の古仏」と称された。元禄(げんろく)7年7月17日死去。78歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。俗姓は富田。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

独照性円の関連キーワード万霊光誉織田長種小泉孤屋順専乗阿鈴木重次大川長益忠尊必夢妙庵

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

独照性円の関連情報