コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独草体 どくそうたい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

独草体
どくそうたい

草書の書体の一つ。中国,漢の末期に敏速に書ける草書に対し一字ずつ離してゆっくりと書く草書ができた。これをのちにできた連綿体に対して独草体という。王羲之の書法に伝えられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どくそうたい【独草体】

書体の一種。一字一字を続け書きとせず,単独の草書体とした書。草書の各字が連続して書かれた連綿体に対する用語。各字独立した書法は《宇津保物語》の〈国譲の巻〉上に〈放ち書き〉と呼んでいるが,仮名書きでは〈草(そう)の手〉の書体で各字連続させずに書いた書の意味に用いられる。草の手は《宇津保物語》や《源氏物語》の〈絵合の巻〉に見え,漢字の草書体をさらに簡略化した書風で,女手(おんなで)へ移行する過渡的書体をいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone