コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国譲 くにゆずり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国譲
くにゆずり

日本の神話の一つ。出雲の支配者であるオオクニヌシノミコトが天孫降臨に先立って,その支配権を高天原の大神に委譲する物語。『古事記』『日本書紀』などに記されている。諸異伝があるが,『古事記』によれば,高天原から出雲に何度か使者がつかわされたが,使命を果せず,最後にタケミカズチノオノカミが派遣された。彼はオオクニヌシノカミとその子ヤエコトシロヌシノカミに葦原中国を大神に献上させ,オオクニヌシノカミは出雲の多芸志之小浜に隠退したという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

国譲の関連キーワードとまれこうまれ優り顔・勝り顔事栄え・殊栄え火の宅・火の家五条の袈裟東西知らず様器・楊器痴れ・癡れ上の十日夜さり方辰の一点名立たり止事無し厚らか火の家名有り参上る筍・笋大臣召心重し

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android