国譲(読み)くにゆずり

  • くにゆずり ‥ゆづり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本の神話の一つ。出雲の支配者であるオオクニヌシノミコトが天孫降臨に先立って,その支配権を高天原の大神に委譲する物語。『古事記』『日本書紀』などに記されている。諸異伝があるが,『古事記』によれば,高天原から出雲に何度か使者がつかわされたが,使命を果せず,最後にタケミカズチノオノカミが派遣された。彼はオオクニヌシノカミとその子ヤエコトシロヌシノカミに葦原中国を大神に献上させ,オオクニヌシノカミは出雲の多芸志之小浜に隠退したという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 日本の古代神話で、大国主神(おおくにぬしのかみ)が神勅によって国土を瓊々杵尊(ににぎのみこと)に奉って退隠したこと。
② 天皇が位を譲ること。
※宇津保(970‐999頃)国譲上「御くにゆづりも近くあべかなるに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android