コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狸腹鼓 タヌキノハラツヅミ

デジタル大辞泉の解説

たぬきのはらつづみ【狸腹鼓】[狂言]

狂言。大蔵和泉(いずみ)流。雌狸が尼に化けて猟師殺生を戒めるが、見破られて命ごいに腹鼓を打ち、すきを見て逃げる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たぬきのはらつづみ【狸腹鼓】

狂言の一。古塚にすむ雌狸が尼に化けて狸捕りの猟師に殺生の恐ろしさを説くが、犬にほえられて正体を現す。助命を請うて腹鼓を打つが、弓矢で追われる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

狸腹鼓
たぬきのはらつづみ

狂言の曲名。雑狂言。猟師が狸を射ようと物陰に隠れて待っている。そこへ夫の雄狸の行方を心配する雌狸(シテ。狸の面を着用)が尼に化けて来かかり、殺生の恐ろしさを語って聞かせる。猟師は改心するが、尼と別れたあとしきりに犬がほえるのを不審に思い、庵(いおり)に潜んでいる尼をみつけて正体を見破る。射殺そうとするが、雌狸が腹の子が不憫(ふびん)だと命ごいをするので、腹鼓をみせるならと命を助ける。尼は早替りで装束を脱ぎ狸の姿となり、腹鼓を打つうち、すきをみて弓矢を奪い、逆に猟師を追い込んでいく。以上は和泉(いずみ)流の現在の内容で、前田藩とゆかりが深く「加賀狸」と俗称される。大蔵流の現行曲は、江戸末期に井伊直弼(なおすけ)が古作を改訂したもので通称「彦根(ひこね)狸」、和泉流と大筋に違いはないが、シテが初め妙寸(みょうすん)(尼)と狸の面を二重に着けているのが特例。両流とも最高秘曲としているが、演出に伝統の厚みが感じられない。[小林 責]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

狸腹鼓の関連キーワード三宅 藤九郎(9代目)茂山 千作(3代目)茂山千作(4世)狂言現行曲一覧三宅 庄市元信和泉 元秀狸の腹鼓いずみ和泉小林助命古塚正体弓矢女物狂言

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android