猩猩緋(読み)しょうじょうひ

色名がわかる辞典の解説

しょうじょうひ【猩猩緋】

色名の一つ。鮮やかなのこと。「猩猩」とは古代中国で生み出された空想上の生き物。猿に似ているという。その猩猩の血で染めたと伝えられる伝説的な色である。実際は南蛮渡来のエンジムシから作られたコチニールという染料で染めた色が、いつの間にかこの名で呼ばれ 愛用されたとされる。戦国時代の陣羽織に多く使われた。西洋でもはしばしば血の色に結びつけられ、血の赤を意味するブラッドレッドはローマ神話ビーナスの血のような美しい赤を表す色名。もっとも赤らしい赤とされていた。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうじょうひ【猩猩緋】

色の名。わずかに黒みを帯びた、あざやかな赤。
の色に染めた舶来の毛織物。 「毛類は-の百間つづき/浮世草子・永代蔵 6

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうじょう‐ひ シャウジャウ‥【猩猩緋】

〘名〙 あざやかな深紅色。また、その色に染めた舶来の毛織物。陣羽織などに用いられた。
※羅葡日辞書(1595)「Coccinus〈略〉アカキ xǒjǒfino(シャウジャウヒノ) イロニ ソメタル モノ」
※豊薩軍記(1749)一「並に綾羅・錦繍・伽羅・猩々皮の二十間つづき以下、種々の珍宝を相渡す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android