猪名川町(読み)いながわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

猪名川〔町〕
いながわ

兵庫県南東部,猪名川中・上流域にある町。大阪府能勢町に接する。 1955年中谷村と六瀬村が合体して町制。町名は川名にちなむ。約 80%が山地であるが,1960年代以降,山地のゴルフ場開発や宅地化が進んだ。猪名川流域は屏風岩や猪名川渓谷などの景勝地に恵まれ,ほとんどが猪名川渓谷県立自然公園に属する。平安末期の多田源氏発祥地。面積 90.33km2。人口 3万838(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

猪名川町の関連情報