コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猿梨 サルナシ

デジタル大辞泉の解説

さる‐なし【猿梨】

マタタビ科の蔓性(つるせい)の落葉低木。山地に自生。葉は広楕円形で先がとがる。初夏に白花をつけ、実は球形で、熟すと甘酸っぱく、食用。しらくちづる。こくわ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さるなし【猿梨】

マタタビ科のつる性落葉低木。山地に自生。葉は広卵形で暗紅色の柄がある。雌雄異株。初夏、白色の五弁花をつける。果実は球形で淡緑黄色に熟し、甘酸っぱい。コクワ。シラクチヅル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

猿梨 (サルナシ)

学名:Actinidia arguta
植物。サルナシ科の落葉つる植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

猿梨の関連キーワードマタタビ科かずら橋古久波蔓祖谷温泉雌雄異株暗紅色小桑蔓コクワ淡緑祖谷