コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

獺祭書屋俳話 だっさいしょおくはいわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

獺祭書屋俳話
だっさいしょおくはいわ

正岡子規の俳句論。 1892年発表。「俳諧といふ名称」以下 29項より成る。子規の俳句革新運動の端緒となった俳論だが,蕉門の俳人論,旧派宗匠の俳諧作法の批判などが中心で,革新への方向はまだ明確化していない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

獺祭書屋俳話の関連キーワードカルクアルカリ岩カルクアルカリ花崗岩久米事件グロースイタリア映画大林組(株)岸沢式佐保護鳥立憲改進党光の科学史

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

獺祭書屋俳話の関連情報