コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄照(2) げんしょう

1件 の用語解説(玄照(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玄照(2) げんしょう

846-917 平安時代前期-中期の僧。
承和(じょうわ)13年生まれ。天台宗。比叡(ひえい)山で円仁(えんにん),長意にまなぶ。密教の儀軌に通じ,護摩王と称される。仁和(にんな)のころ宮中で奈良の勢範と因明(いんみょう)について論争して論破し,醍醐(だいご)寺の聖宝(しょうほう)に因明王とよばれた。延喜(えんぎ)17年2月3日死去。72歳。俗姓は三国。号は清涼房。法名は玄昭ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

玄照(2)の関連キーワード真体阿保常世漢部松長海雲(1)戒撰玄日性海(1)善愷長審藤原枝良

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone