玄談(読み)ゲンダン

大辞林 第三版の解説

げんだん【玄談】

〘仏〙 経論を講ずる前に、題号・著者・大意など、その経にまつわる深義を説明すること。開題。
奥深い真理に関しての話。特に老荘思想についていう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

げん‐だん【玄談】

〘名〙
① 奥深い話。深遠な話。また、それを談じること。とくに老荘の道に関する談話をいう。
※菅家文草(900頃)六・九月後朝、侍朱雀院、同賦閑居楽秋水「非玄談説之、故遇我君之逐虚舟
浮世草子・本朝藤陰比事(1709)三「神道不測の奥義に達せば、その玄談を聞べし」 〔崔宗之‐贈李十二白〕
② (「玄」は懸の意) 仏語。仏典を講じるに先だって、あらかじめ題号や撰者、大意などを説明すること。玄義。開題。〔正法眼蔵(1231‐53)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android