コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

率分堂 りつぶんどう

2件 の用語解説(率分堂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

率分堂
りつぶんどう

「そつぶんどう」が正しい。正蔵率分堂,率分所ともいう。平安時代大蔵省におかれた倉庫の一つ。率分とは分数,すなわち何分の1,何分の2という意味で,大蔵省の官物の 10分の2をここに収納して備蓄にあてた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の率分堂の言及

【率分所】より


[古代]
 平安時代に大蔵省に付属する機関として置かれたもので,正蔵率分所,率分堂ともいい,〈そつぶんしょ〉とも読む。その起源は明らかではないが,左中弁,大監物,大蔵省の輔,民部省の輔,主計頭が勾当(こうとう)として収納物の出納の管理にあたる。…

※「率分堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone