コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉利親賢 たまり ちかたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉利親賢 たまり-ちかたか

1853-1916 明治時代の軍人。
嘉永(かえい)6年10月3日生まれ。玉利喜造の兄。日露戦争のとき公使館付武官としてロンドンに駐在。アルゼンチンがアームストロング社に注文した軍艦がロシアに売りわたされようとしていることを知り,独断で購入をきめた。これがのちの日進,春日の2艦である。明治42年海軍中将。大正5年8月24日死去。64歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。海軍兵学寮卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

玉利親賢の関連キーワード明治時代嘉永

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android