コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉利喜造 たまり きぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉利喜造 たまり-きぞう

1856-1931 明治-昭和時代前期の農学者。
安政3年4月25日生まれ。玉利親賢(ちかたか)の弟。駒場農学校(現東大農学部)の第1期生。帝国大学教授などをつとめる。明治32年農学博士第1号。36年わが国最初の高等農林学校である盛岡高農の初代校長,42年鹿児島高農初代校長となる。貴族院議員。昭和6年4月21日死去。76歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たまりきぞう【玉利喜造】

1856‐1931(安政3‐昭和6)
明治・大正期の近代的な農学研究・教育の先駆者。薩摩藩士の次男。津田仙の学農社をへて1880年に駒場農学校(現,東大農学部)の第1回卒業生(首席)。母校に勤務。84年にアメリカで開かれた万国工業・棉百年期博覧会に派遣され,引き続き2年間留学の後,東大教授として畜産学,園芸学を講義,品種改良をめざしワタ,ナタネオオムギの人工交配試験などを日本で初めて実施した。郷里の先輩前田正名に協力して大日本農会参事となり,また全国農事会と中央農事会の幹事長を務めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

玉利喜造の関連キーワード大日本農会

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android