コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉水木 タマミズキ

デジタル大辞泉の解説

たま‐みずき〔‐みづき〕【玉水木】

モチノキ科の落葉高木。本州中部以西の山地に自生。葉は長楕円形で滑らか。雌雄異株。5、6月ごろ緑白色の小花を密につけ、秋に赤い丸い実を結ぶ。 秋》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たまみずき【玉水木】

モチノキ科の落葉高木。静岡以西の山地に生える。長楕円形の薄い葉を互生。雌雄異株。初夏、腋生えきせいの短い集散花序に白色小花を密につける。秋、赤熟する核果を結び美しい。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

玉水木 (タマミズキ)

学名:Ilex micrococca
植物。モチノキ科の落葉高木,園芸植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

玉水木の関連キーワード互生

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android