コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王子喬 オウシキョウ

3件 の用語解説(王子喬の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おう‐しきょう〔ワウシケウ〕【王子喬】

中国、代の仙人。霊王の太子といわれる。名は晋。白い鶴にまたがり、笙(しょう)を吹いて雲中を飛んだという。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おうしきょう【王子喬 Wáng Zǐ qiáo】

中国古代の仙人。後漢の蔡邕(さいよう)の〈王子喬碑文〉はいつの時代の人かわからぬという。《列仙伝》は,《国語》や《逸周書》に賢者として見える太子晋に結びつけ,周の霊王の太子の姫晋であるとする。笙の笛を吹くことを好み,鳳凰の鳴声を模することができた。道士の浮丘公に会い,つれられて嵩高山(すうこうざん)に入って仙人となった。魏晋南北朝時代以来,赤松子とならんで古代の仙人の代表とされ,詩文や絵画に登場することが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おうしきょう【王子喬】

周の霊王の太子。名は晋。子喬は字あざな。直諫して廃せられ庶人となった。のち登仙したと伝えられる。生没年不詳。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone