コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王韜 おうとうWang Tao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王韜
おうとう
Wang Tao

[生]道光8(1828)
[没]光緒23(1897)
中国,清末の改革派思想家。字は仲とう,号は紫銓。啓蒙家で,洋務論から変法論への橋渡しをした。江蘇省蘇州の出身。上海のイギリス人経営の学校教師となり,西洋事情通となった。太平天国の際には清朝,太平天国の双方に建策したが,太平天国に通じたとされ,ホンコンに亡命した。そこで『循環日報』を発行,西洋事情の紹介,洋務運動の批判,商工業保護の主張に努めた。のち上海で格致書院院長となる。普仏戦争に関する『普法戦紀』の訳は日本人にも読まれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

王韜
おうとう
(1828―1897)

中国、清(しん)末の洋務派知識人。江蘇(こうそ)省蘇州府の人。科挙に失敗し、宣教師のもとで働きながら西洋事情を学び、清朝当局者にたびたび建策を行った。太平天国運動に際しては、曽国藩(そうこくはん)に太平軍撃破の策を建言する一方で、黄(こうえん)の偽名を使い、太平天国首脳に外国と結んで上海(シャンハイ)を奪取するよう建策した。これが露見したため香港(ホンコン)に避難。1867年イギリスに渡り、経書の英訳に従事。70年香港に帰り、73年から『循環日報』主筆となった。84年上海に戻って格致書院院長となった。79年には日本にきたこともある。西洋の機器を取り入れて富国強兵を図ること、科挙と学制を改革して人材を養成することを主張。表面的な西洋の模倣に終わることなく真の改革を行うべきだと主張して、変法論に一歩近づいている。[西川喜久子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

王韜の関連キーワードレッグ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android