コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

珠巌道珍 しゅがん どうちん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

珠巌道珍 しゅがん-どうちん

?-1387 南北朝時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。加賀(石川県)大乗寺明峰素哲(めいほう-そてつ)の印可をうける。能登(のと)(石川県)永光寺をへて大乗寺の住持となり,瑩山紹瑾(けいざん-じょうきん)の禅風をひろめた。のち能登承天寺をひらく。至徳4=元中4年3月3日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

珠巌道珍の関連キーワード南北朝時代道珍曹洞

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android