珪ニッケル鉱(読み)ケイニッケルコウ

  • garnierite
  • ×珪ニッケル鉱
  • けいニッケルこう ‥クヮウ
  • けいニッケルこう〔クワウ〕

大辞林 第三版の解説

蛇紋石の一。土状をなすことが多く、鮮緑色を呈する。ニッケルの原料鉱石の一。ニューカレドニア島などに産する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

独立した鉱物種ではなく、多くはニッケルを含む蛇紋石である。まれにはクリノクリソタイル(繊維蛇紋石)のマグネシウムをニッケルで置換したペコラ石、リザード石(蛇紋石の一種)のマグネシウムをニッケルで置換したヌポア石、セピオ石のマグネシウムをニッケルで置換したファルコンド石を含むことがある。塊状、土状、乳房状などで、乾燥して粉末になりやすい。硬度2~3。緑色で、ニッケルの多いものほど鮮やかになる。風化した蛇紋岩中に産し、ニッケルの重要な鉱石となる。オセアニアのニュー・カレドニアが主産地で、英名はここでニッケル鉱物を発見したフランスの技師ガルニエJules Garnier(1839―1904)にちなむ。[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (ニッケルはnickel) マグネシウム、ニッケルの含水珪酸塩鉱物。鮮緑色、淡緑色ないし無色の鈍い光沢をもつ。非晶質で柔らかく砕けやすい。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android