(読み)へ

精選版 日本国語大辞典「瓮」の解説

へ【瓮】

〘名〙 酒食を入れる容器(かめ)。もたい。複合して「いわいべ」「つるべ」などの語をつくる。
※宇津保(970‐999頃)吹上上「十石いるばかりのへ、二十ばかり据ゑて、酒造りたり」
[補注]「延喜式‐祝詞出雲国造神賀詞(出雲板訓)」に「夜は如火瓮(ほヘな)す光(かかや)く神(かみ)(あ)り」とある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「瓮」の解説

へ【×瓮】

酒などを入れる容かめ
「—二十ばかり据ゑて」〈宇津保・吹上上〉

もたい〔もたひ〕【×瓮/×甕/×罇】

水や酒を入れる器。〈和名抄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android