コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生出 セイシュツ

デジタル大辞泉の解説

せい‐しゅつ【生出】

[名](スル)生まれ出ること。また、生み出すこと。
「世の民権家の為に不利益なる結果を―したでは無いか」〈鉄腸雪中梅

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいしゅつ【生出】

( 名 ) スル
うまれ出ること。また、うみ出すこと。 「石炭の-するも/天賦人権論 辰猪

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の生出の言及

【小坂[町]】より

…農業は稲作を中心にイチゴ栽培,肉牛の放牧も行われている。十和田湖南岸の生出(おいで)は通称和井内で,和井内貞行がヒメマスの孵化(ふか)事業に尽力した地である。【佐藤 裕治】。…

※「生出」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

生出の関連キーワードDigital Living Network AllianceSMAP×SMAP(スマップスマップ)宮城県仙台市太白区茂庭イエジ ポミャノフスキ山梨県都留市四日市場壁に塗られた田螺長尾四郎右衛門トキソプラズマ西伯(鳥取県)イシバシハザマ磁気抵抗材料オコーナー藤原道綱母出羽房雲厳仙台(市)社員配当金大川美術館大江嘉言燕三襲名蒲生娘子

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生出の関連情報