コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生存曲線 せいぞんきょくせん survival curve

2件 の用語解説(生存曲線の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せいぞんきょくせん【生存曲線 survival curve】

生残曲線ともいう。生物にはその種特有の生理的寿命があるが,大部分の生物は,なんらかの原因により,その寿命年齢以前に死亡する。あるときに産出された1群の同種個体群(コホートcohort)が,時間経過にともない,どれだけ生き残っているかをグラフ上に図示したものを生存曲線という。この曲線は3型に類別されており,進化との関連で議論されることもある。まず初めは,初期死亡量が少なくて,老年期に死亡量が増加する矩形型で,人類がその例である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デジタル大辞泉の解説

せいぞん‐きょくせん【生存曲線】

ある生物の生存率または個体数を縦軸に、経過時間を横軸にとって、その関係を示した曲線。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生存曲線の関連キーワード曲線発生ブラッグ曲線包絡線ユクスキュル生残り生残る生物的利用発育曲線パール‐リード曲線

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生存曲線の関連情報