生締(読み)ナマジメ

精選版 日本国語大辞典の解説

なま‐じめ【生締】

〘名〙 歌舞伎の鬘(かつら)の一つ。油で棒のように固めた髷(まげ)。特に、時代物で、畠山重忠、石切り梶原、佐々木盛綱のような分別ある武士の役に用いることが多いので、捌役(さばきやく)の通称ともなる。
※談義本・興談浮世袋(1770)二「細身の脇差、本田になまじめ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の生締の言及

【歌舞伎】より

… にも役柄によって定められた類型がある。実事の役に使う〈生締(なまじめ)〉,大盗賊の〈百日鬘〉(大百(だいびやく)),傾城の〈立兵庫(たてひようご)〉,御殿女中の〈片はずし〉などは代表的なもので,基本的なもの数十種と,それらの部分の組合せによる膨大な数の種類がある。上にあげたような代表的な鬘は,鬘の名がそのまま役の性格を示すようになっているのを見ても,歌舞伎の演技・演出の中に鬘が占めている重要性が理解できよう。…

※「生締」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生締の関連情報