コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石切梶原 イシキリカジワラ

大辞林 第三版の解説

いしきりかじわら【石切梶原】

人形浄瑠璃の時代物「三浦大助紅梅靮みうらのおおすけこうばいたづな」(長谷川千四ら作。1730年初演)三段目切の通称。鎌倉八幡社頭で、梶原景時かげときが青貝師六郎太夫を救い、石の手洗い鉢を切って名刀の切れ味を示す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石切梶原
いしきりかじわら

歌舞伎(かぶき)劇。時代物。1幕。浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)『三浦大助紅梅(みうらのおおすけこうばいたづな)』の三段目にあたる。原作は長谷川千四(せんし)、文耕堂合作、1730年(享保15)3月大坂・竹本座初演。石橋山の敗戦後、再挙を図る源頼朝(よりとも)を三浦大助が助け、梶原景時(かじわらかげとき)、畠山重忠(はたけやましげただ)とともに大庭(おおば)三郎兄弟を滅ぼすという筋の五段構成だが、その「星合寺(ほしあいでら)」の段が歌舞伎化されて今日に残った。源氏の侍を婿にもつ青貝師六郎太夫(ろうだゆう)は、婿の軍資金のため、家重代の刀を大庭三郎に売ろうとする。鑑定役を頼まれた梶原景時は試斬(ためしぎ)りをわざと切り損じ、大庭たちが去ったあと、源氏へ心を寄せる本心を六郎太夫に打ち明け、その刀を買い上げて切れ味を示すために石の手水鉢(ちょうずばち)を切る。刀の鑑定、石橋山合戦の物語、手水鉢を切るところなどが見せ場。舞台面は鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)とすることが多く、普通『梶原平三誉石切(かじわらへいぞうほまれのいしきり)』の名題を使うが、15世市村羽左衛門(うざえもん)は屋号橘屋(たちばなや)にちなんだ『名橘(なもたちばな)誉石切』の名題で得意芸とした。ほかに、初世中村鴈治郎(がんじろう)、初世中村吉右衛門(きちえもん)もそれぞれ特色ある演技を示し、現代でも多くの俳優が演じている。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

石切梶原の関連キーワード市村 羽左衛門(17代目)市村 羽左衛門(15代目)助高屋 小伝次(2代目)尾上 鯉三郎(3代目)沢村 訥子(8代目)中村吉右衛門(1世)三浦大助紅梅靮中村吉右衛門市川 荒二郎人形浄瑠璃市川荒二郎梶原景時手洗い鉢時代物生締め生締実事

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石切梶原の関連情報