産業財産権

産学連携キーワード辞典「産業財産権」の解説

産業財産権

産業財産権」とは、特許権実用新案権意匠権商標権などを総称した権利のこと。元々、これらの権利に対応する言葉として、工業所有権が用いられていたが、平成14年に知的財産戦略会議において決定された知的財産戦略大綱において、産業の健全な発展目的とする、という観点からより適切な表現として、「産業財産権」という用語に改めることが明記された。

出典 (株)アヴィス産学連携キーワード辞典について 情報

デジタル大辞泉「産業財産権」の解説

さんぎょう‐ざいさんけん〔サンゲフ‐〕【産業財産権】

知的財産権の一。意匠発明などの専用を内容とした独占的、排他的な権利。特許権実用新案権意匠権商標権の総称。工業所有権。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典「産業財産権」の解説

産業財産権

工業所有権」のページをご覧ください。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「産業財産権」の解説

産業財産権
さんぎょうざいさんけん

工業所有権」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android