コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

用役 ヨウエキ

デジタル大辞泉の解説

よう‐えき【用役】

社会に役立つ働き。特に、運輸・通信、また、医療・教育などの、直接財貨生産しない業務をいう。→サービス4

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ようえき【用役】

社会に役立つはたらき。
サービス に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の用役の言及

【サービス】より

…また,労働も明らかに無形の財である。これら無形の財を一般に〈サービス(用役)〉と呼び,有形な財である財貨から区別される。上に挙げた例は,それぞれ資本サービス,土地サービス,労働サービスなどと呼ばれる。…

※「用役」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

用役の関連キーワードストルパー‐サミュエルソンの定理ヘクシャー‐オリーンの定理生産的労働・不生産的労働M.E.L. ワルラス有効需要の原理本源的生産要素標準原価計算プロセス制御サービス料金限界生産力説資本コストサービス業労働生産性斎藤 利行終戦処理費ヤナコナ買掛債務名目価格社会会計バス事業

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android