コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中佳政 たなか よしまさ

1件 の用語解説(田中佳政の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中佳政 たなか-よしまさ

?-1723 江戸時代前期-中期の武士,和算家。
陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。勘定奉行として高岡霊社(高照(たかてる)神社)造営にあたり,のち祭主となる。小畑流兵学にも通じ,また算術書「数学端記」をあらわした。享保(きょうほう)8年5月8日死去。本姓は山野。名は家良,元命(もとなが)。通称は唯五郎,十右衛門。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

田中佳政の関連キーワード斎藤雇繒佐野直行三鍼死人小左衛門多賀左近高林利之妻木頼隆寺村山川豊田忠村平手言辰