コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中千梅 たなか せんばい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中千梅 たなか-せんばい

1686-1769 江戸時代中期の俳人。
貞享(じょうきょう)3年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)の鋳物師。郷里と江戸深川の出店とを往復して生活。三上千那(せんな)に師事し,蕉門3代を自負。「おくのほそ道」の跡をたどって「松島紀行」などの紀行をのこし,深川泉養寺に芭蕉(ばしょう)と千那の塚をきずいた。明和6年4月15日死去。84歳。名は知義。通称は七左衛門。別号に方竟,白翁。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

田中千梅の関連キーワードヘルダー形而上学叙説井原西鶴小田原藩ビジャープール王国吉田半兵衛白隠慧鶴白隠慧鶴ナポレオン[1世]