コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中杏亭 たなか きょうてい

1件 の用語解説(田中杏亭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中杏亭 たなか-きょうてい

1717-1780 江戸時代中期の医師。
享保(きょうほう)2年生まれ。大和奈良の人。大坂で叔父(おじ)田中友安に小児科をまなび,その養子となる。友安の遺児をそだてて家をつがせ,自身は別に開業した。晩年,加賀(石川県)前田家からまねかれたが辞退し,門人の指導にあたった。安永9年4月30日死去。64歳。名は雄。字(あざな)は子飛。通称は周安。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

田中杏亭の関連キーワード前古典派音楽備後国板倉勝清中山高陽中山高陽河東節耳鳥斎ティチング大丸中津城

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone