田中杏亭(読み)たなか きょうてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中杏亭 たなか-きょうてい

1717-1780 江戸時代中期の医師。
享保(きょうほう)2年生まれ。大和奈良の人。大坂で叔父(おじ)田中友安に小児科をまなび,その養子となる。友安の遺児をそだてて家をつがせ,自身は別に開業した。晩年,加賀(石川県)前田家からまねかれたが辞退し,門人の指導にあたった。安永9年4月30日死去。64歳。名は雄。字(あざな)は子飛。通称は周安。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android