コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田代茂樹 たしろ しげき

2件 の用語解説(田代茂樹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田代茂樹 たしろ-しげき

1890-1981 昭和時代の経営者。
明治23年12月5日生まれ。三井物産から東洋レーヨン(現東レ)にうつり昭和20年社長となる。公職追放で退任したが25年会長として復帰。ナイロン,ポリエステルの製造技術を欧米から導入し,同社を大きく発展させた。昭和56年8月8日死去。90歳。福岡県出身。明治専門学校(現九州工大)卒。
【格言など】現代の企業経営者は,社会全体に対して奉仕することを義務づけられている(経営観)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田代茂樹
たしろしげき
(1890―1981)

実業家。福岡県遠賀(おんが)郡に生まれる。1913年(大正2)明治専門学校(現九州工業大学)機械学科を卒業し、三井物産に入社。機械畑を歩み、ニューヨーク、ロンドンの各支店勤務で国際感覚を身につけた。36年(昭和11)東洋レーヨン(現東レ)取締役に転じ、45年(昭和20)社長に就任した。47年公職追放にあうが、50年に代表権をもつ会長に復帰し、70年まで務めた。会長時代には、アメリカのデュポン社から資本金を上回る10億8000万円でナイロンの技術導入に成功したほか、イギリスのICI社からポリエステル系繊維(テトロン)の技術導入を行うなど、積極的経営で同社の発展をもたらした。[中村青志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田代茂樹の関連キーワード荻野一神部満之助小浪義明田中百畝玉置明善中橋武一根本茂原邦道宮脇先村上武雄

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田代茂樹の関連情報