コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田崎勇三 たざきゆうぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田崎勇三
たざきゆうぞう

[生]1898.7. 長崎
[没]1963.5.24.
内科医。 1924年東京大学医学部卒業。病理学教室に入り,33年癌研究所付属病院設立と同時に同院内科部長となり,57年に病院長となった。癌の臨床医として国際的に活躍するほか,国際ロータリークラブ会員や横綱審議会委員であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田崎勇三 たざき-ゆうぞう

1898-1963 昭和時代の医師。
明治31年7月5日生まれ。昭和8年癌(がん)研究会康楽病院(のちの癌研付属病院)の内科部長,32年院長となる。「がんの早期発見・早期治療」をかかげて検診,治療,啓発活動をおこなう。日本癌学会会長。昭和38年5月24日歯肉がんで没した。64歳。長崎県出身。東京帝大卒。著作に「死よおごるなかれ」「癌と長寿」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

田崎勇三の関連キーワード昭和時代内科医

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android