コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田崎勇三 たざきゆうぞう

2件 の用語解説(田崎勇三の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田崎勇三
たざきゆうぞう

[生]1898.7. 長崎
[没]1963.5.24.
内科医。 1924年東京大学医学部卒業。病理学教室に入り,33年癌研究所付属病院設立と同時に同院内科部長となり,57年に病院長となった。癌の臨床医として国際的に活躍するほか,国際ロータリークラブ会員や横綱審議会委員であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田崎勇三 たざき-ゆうぞう

1898-1963 昭和時代の医師。
明治31年7月5日生まれ。昭和8年癌(がん)研究会康楽病院(のちの癌研付属病院)の内科部長,32年院長となる。「がんの早期発見・早期治療」をかかげて検診,治療,啓発活動をおこなう。日本癌学会会長。昭和38年5月24日歯肉がんで没した。64歳。長崎県出身。東京帝大卒。著作に「死よおごるなかれ」「癌と長寿」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

田崎勇三の関連キーワード北九州(市)朝鮮映画社会小説心の花新聞小説剥離面線構造舟木一夫津川雅彦ファイト先生池田勇人内閣

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone